家族葬がますます増えている理由

最近は、以前のように、たくさんの親戚や知人などに連絡を取って、大きな葬儀場で執り行う一般葬よりも、家族だけで小さな場所を借り、大切な故人を偲び、あの世へと送り出す家族葬が増えているのではないでしょうか。



たとえば、大会社の社長などが現役で急逝し、社葬として盛大に執り行う葬儀であれば、今でも多くの人々を招いて執り行う必要があるでしょう。

ロケットニュース24の情報を幅広く扱っているサイトです。

けれども、高齢化社会が進み、故人も高齢ならば、親戚や知人も高齢で、しかも田舎の生活のように地域に根付いているということも減っています。

そのため、特にたくさんの人を招いて忙しくなるよりも、しめやかに家族葬を執り行ったほうが、故人を偲ぶ家族も、ゆっくりとお別れがいえると考えるのかもしれません。

また、連絡を受けた高齢者の親戚などが遠方から駆けつけるのが大変だと、葬儀を執り行う方も遠慮している部分もあるでしょう。そのために、最後まで故人を見守っていた身内だけで、家族葬を執り行うのだともいえることでしょう。

また、ひとつには、家族葬である方が、出費がかさむことがないという理由もあるかもしれません。



しかし、葬儀は、確かにそういった気遣いや、遺族の都合が優先されるべきものなではあるのでしょうが、根本は故人への最後の別れであるわけです。
そこで、葬儀場などでひと目会って、実際にお別れをいい、心の整理をつけたいと考えている人たちも、たくさんいるのではないでしょうか。

家族葬は、時代の流れではあると思われますが、バランスを取ることも重要でしょう。