家族葬に関しての考察

人の人生にはいくつか大きな節目があります。



その節目は入学式や卒業式、就職や結婚などと答える人も多い事でしょう。

最新のnanapiの情報も多数ご用意しました。

しかし忘れてはいけないのが葬式も人生において最後を締めくくる重大な節目であり、セレモニーと言えるのです。
そのため誰しも一度は真剣に自分の葬式や自分の最期について考える必要があると言えるでしょう。家族や子供、妻や親を真剣に愛しているのであればなおさらきちんと生前に自分の葬式について考えなければいけません。


人が亡くなると、すぐさま家族に負担がかかることになります。

それは悲しみと言った心理的負担だけではなく、経済的にも負担がかかることになるのです。亡くなるとすぐに葬式や墓地の手配に取り掛かる必要があります。一般葬を執り行うとなると100万円以上の費用が家族の負担となるのです。そこでおすすめなのが生前に自分で自分の葬式をプランしておくことです。
家族葬を計画しておくと費用は25万円前後で済みます。



また家族葬の費用を生前自分で葬儀社に支払いしておくことも可能です。
家族葬は参列者が親族など身内に限定されます。そのため寂しい葬式になるのではないかと懸念する人もいますが決してそうとは限りません。
身内だけの葬式であるからこそ誰の目もはばからず泣いたり、話しかけたり、思い出にふけることも可能です。

そのためかえって家族葬の方がアットホームな葬式になる事もあり火葬層にして本当に良かったと言う感想を持つ人も多いのです。