親族とごく親しい友人等で故人を送る家族葬

昔から続いて来た派手で規模の大きな葬儀には、遺族がバタバタする事で、深い悲しみに落ち込み過ぎないと言うメリットもありますが、費用が高額過ぎると言うデメリットもあります。


近年では、こうした従来タイプの規模の大きな葬儀ではなく、ごく親しい親族や友人だけで、こじんまりとした葬儀で、故人をゆっくりと偲びつつ送ると言う葬儀を選択される人が増えています。こうした葬儀は一般的に家族葬と呼ばれています。


名前に家族と付いてはいますが、参列者は家族以外でも当然OKで、こじんまりとした葬儀と捉えた方が良いでしょう。いずれにしても、家族葬なら参加人数も20人程度までの事が多く、そのため式場も比較的狭くて済み、祭壇も少し小さなものであってもみすぼらしくは見えません。

過剰に広さと立派な施設ではなく、こじんまりとした施設とする事で会館使用料斤も抑えられ、葬儀費用で大きなウエートを占める祭壇も比較的簡素にする事が出来、その結果費用も安くなると言うメリットがあります。

こうした合理的な考え方が広まって来た事も家族葬を選択する人が増えた理由の1つでしょう。



真心を込め、本当に故人を偲んで集い、故人を送る家族葬も良いものです。

本当のT-SITE情報を利用しましょう。

家族葬でも、通夜式を行う事は出来ますし、さらに簡素な葬儀を考えるなら葬儀のみの1日葬と言うのを提供している業者さんもあります。



見栄を張って規模の大きな葬儀に固執せずに、本当に遺族にとって良いと思える葬儀を選ぶ事が重要でしょう。